wangan berry farm

about wbf

潤いと感動を

産地について

geographical infomation

湾岸ベリーファーム(三重県桑名市)は、三重県の北部に位置し、木曽三川(木曽川、長良川、揖斐川)の河口にあります。北西部に養老山脈、西に鈴鹿山脈、南に伊勢湾があり、冬は北西の風が伊吹山方面から強く吹く。伊勢神宮の「一の鳥居」が設置されるなど、伊勢国の東の玄関口として位置付けられる桑名は、その地理的条件により、江戸時代には東海道でも指折りの宿場町、城下町、港町として栄えました。現在は、六華園、多度大社、ナガシマリゾートなどがある観光都市です。一年を通して日照時間も多く、冬場の乾燥した晴天が比較的続くこの地でいちご造りの挑戦がスタートしました。

*気象庁より抜粋
wbf の歴史

wbf's history

2019年にオープン

2019年、wbfは産声をあげました。育苗のハウスがないまま、3月から育苗を開始、ハウスは、9月に完成しました。ハウス引き渡し直後に台風襲来とちょっとしたトラブルもwbfの歴史が幕を開けました。

章姫・紅ほっぺの2品種から

初年度、章姫・紅ほっぺの2品種からスタートしました。約8,000株のいちごたちが皆様を迎えました。植え付けが遅れ、さらに9、10月に残暑もあり、当初の予定より約4週間遅れで収穫が始まりました。

販売・収穫体験の開始

園内での販売は、2020年1月から開始。開園当初から皆様に評価していただけるいちごが収穫できました。前途多難な船出にもかかわらず、リピーターのお客様も徐々に増え、お客様に認められた瞬間でした。

2年目の育苗に着手

2020-21年シーズンは、紅ほっぺの比率を少し増やして、苗づくりに着手。大きな台風や災害にはあわずして、9月に予定より少し遅れて植え付けを完了。病害虫の影響を受けつつも順調な生育状況でした。

'20-'21シーズンは3品種で

今では、当園のアイコンである「よつぼし」を新品種として迎え入れ、3品種の生産体制となりました。収穫量は少なめであったものの出来は良く、「よつぼし」は瞬く間に女性を中心に人気品種となりました。

寒波の影響で商品不足

21年1月、パンデミックの状況下、朝10時に開店するも、10分で1日分のいちごが売り切れ、皆様にご迷惑をお掛けしました。さらに、2月下旬から3月下旬まで大不作に陥り3品種とも収穫量が激減しました。

3年目の苗づくり

2021-22年シーズンは、5月から8月までの記録的長雨及び日照不足が影響しこの地域のいちご苗にかなりの影響が出ました。9月に予定通り定植を完了。その後、高温傾向にはありましたが、少しずつ回復へ。

グランベリーの誕生

レーザー糖度計を使用し糖度を見える化
を実施。形、艶、色合いなど当園で基準を満たした厳選いちごをグランベリー(granberry)と命名し、より高い品質のいちごを皆様にお届けいたします。

土を一から見直し

土を一から見直し、育苗時期より生産棟の土壌設計を行い苗の定植をいたしました。今までの生産体制と最新技術を取り入れより良いいちご造りを日々時間と手間を惜しまず行っております。

定植が終わりました

Planting now ended. Soon to be flowered.
'22-23シーズンの販売開始は12月以降の予定です。

現在、苗の定植が終わりました。11月以降に開花し12月以降の収穫を見込んでおります。

三重県のガイドラインに沿って感染症対策を実施の上、営業しております。

お問い合わせ

contact

wangan berry farm

contact WBF

Mail US

サイト利用・the club・写真使用・取材受入・雇用関連・研修受入などはメールにてお問合せください。電話での対応はできかねます。インスタグラムやツイッターのDMからの問い合わせには受付しておりません。

Wangan Berry Farm

潤いと感動を

ギリギリまで完熟にしてヘタの近くまで赤くしたWangan Berry Farmのいちごは薫り高く大きくて艶がありそして甘い、そんないちごを丹精込めて作り上げております。みんなの笑顔がいちごから...。